スタッフインタビュー

ホテルサンシャインいわき スタッフインタビュー

職種:宿泊部門フロント
勤続年数:3年
Q1:ズバリ聞かせてください!!ホテルマン(ホテルウーマン)って大変ですか?
A1:はい、大変です(笑)といっても、どんな職業にでも言える事ですよね。大変じゃ無い仕事なんて、無いと思います。

Q2:では、その中でも一番大変だった事を教えてください。
A2:はい、体調管理の面では苦労しました。特に日勤業務(AM9:00〜PM6:00)と、夜勤業務(PM3:00〜翌AM9:00)が交互になっている
     勤務の時は体調管理の面で気をつけないと、自分自身の体調不良はもちろん、一緒に働いているスタッフにも迷惑をかけてしまうので大変です。
     女性だと、肌荒れなども気になるかもしれませんね。

Q3:その時は、どうするのですか?
A3:はい、私の場合ですが、夜勤が明けた日には、まずは自宅でゆっくり体を休める事を徹底しています。
     つい、夜勤明けの時間に友人とご飯を食べに行ったり、趣味のバイクでツーリングに行ったりという事をしてしまいがちなのですが
     そういった事をする時には、次の日が完全にお休みの時にしています。
     自分のやりたい事を優先させるのではなく、自分自身の事を大事に出来るようになると良いと思います。
     それは回りまわって他の人の事も大事にしている事になりますから。といっても、まだまだ私も勉強中です…(苦笑)
Q4:お休みはしっかり取れますか?
A4:はい。こちらの勤務はシフト制で、夜勤、夜勤、お休み、という5日間でシフトが組まれています。
     逆にお休みの予定が立てやすいと思いますよ。

Q5:女性でも夜勤のフロントは大丈夫でしょうか?
A5:はい、大丈夫です。一番は体調面での不安があると思いますが、それはホテル業界だからという事ではなく、例えば、コンビニエンスストアでの
     パートやアルバイト、病院での看護職、介護のお仕事でも夜勤という勤務がありますよね。
     ホテル業だから、特別に夜勤が難しくて出来ないという事はないと思います。
     実際、東京都内のホテルや福島県内でいうと福島市、郡山市でも今は女性フロントスタッフが夜勤で活躍しています。
     防犯の面からも、女性スタッフが一人で夜勤業務をするという事はありません。
     必ず二人体制での勤務ですので、そこは安心して勤務して頂ければと思います。
     弊ホテルでもフロントロビーやエレベーター、非常階段への防犯カメラの設置や、いわき駅前交番との連携をとってホテル運営をしております。
     もちろん、自己防衛は最大の武器です。夜勤の勤務マニュアルや有事の際の地域との連携も出来ている職場だと思います。
     また、ホテル業だからこそ、女性ならではのきめ細やかな心配りがお客様に喜ばれると思います。
     夜勤は男性の仕事だ、という時代はもう終わりかもしれません。

Q6:仕事に対するやりがいはどこに感じていますか?
A6:私の業務の中で、宿泊プラン作りがあるのですが、その提案をして、お客様からの反応をすぐに頂いた時などは、
     数字に表れますのでとてもやりがいを感じます。
     また、学びたいと思った事があれば、すぐに上司に相談をして学びに行ける職場です。
     うちの社長は「自ら学びたいと思った時が一番身になる」という事を常々言っています。
     何事も自分からやる気になった時が一番の学びになります。
     日々の業務でもそういった事を心がけています。勉強する事も仕事のやりがいにつながると思います。
Q7:最後に、働く方へのメッセージをお願いします。
A7:生半可な気持ちで応募してこないでください。…というと、誰からも応募が来ないじゃないか!と社長に叱られました(笑)
     ですが、本当の気持ちです。
     ビジネスホテルに勤めた事がない、経験がない、ホテル勤務なんて自分にはとても出来ないなぁ…と思っている人にこそ来て欲しいです。
     なぜなら、初めて経験する事ばかりで失敗する事も、悔しい思いをする事もあるので、
     だからこそ、そこから成長する「伸びしろ」しかないと思っているからです。
     うちのホテルは社長以下、スタッフ全員がもれなくおせっかい(笑)私たちは経験値よりも、一緒に頑張っていける人と仕事がしたいです。
     お互いに切磋琢磨しながら成長していける人と一緒に働いていきたいと思っています。
     是非、面接でお会いしましょう!(気が早い!?)